【レポート】夢現Re:Masterの感想と、沼倉さんの演技で思うこと

※1:以下にはゲームのネタバレが含まれますので、ご注意ください。
※2:内容は薄いです。多分。
※3:後日、内容を追記するかもしれません。
※4:沼倉さんの演技に関して思っている事は、後半に記載しています。

 

2019年6月13日に発売された「夢現Re:Master」ですが、この中のキャラクター「柳谷こころ」役として沼倉さんが出演されています。

yuremaster.kogado.com

www.youtube.com

www.gamer.ne.jp

当アカウントの中の人はPS Vita版のメディアを発売当日に入手し、7月に開催された発売記念イベント(その際のレポート記事はこちら)にも参加しました。

夢現Re:Masterの概要は、さきほど紹介した公式ウェブサイトもしくは発売記念イベントのレポート記事をご覧いただくと分かります。

なお沼倉さんは、夢現Re:Masterに関するインタビューを受けていらっしゃいます。

dengekionline.com

dengekionline.com

沼倉さんの演技については、後半で色々書いていきます。

 

1.夢現Re:Masterの具体的な感想

以下に掲載するのは、夢現Re:Masterを遊んだ感想になります。
なお、沼倉さんのお仕事情報を整理する非公式blogという性格上、柳谷こころに関する記述が中心になりますので予めご了承ください。

1-1.知ったキッカケ

まずはじめに、このゲームを知ったキッカケですが・・・今だから白状します。このゲームを知るキッカケとなったのは、沼倉さんの告知ツイートでした。*1

twitter.com

正直なところ、当アカウントの中の人はアニメやゲームソフト、マンガに関するアンテナは全般的に低く、沼倉さんの告知を見落としていれば、別のキッカケで遊ぶ事になったかも知れんませんし、そのまま気付かずに一生遊ばなかったのかも知れません。

が、こうして感想を書いているのは、純粋に「自分が面白いと感じたゲームなので、せっかくだから、何時でもオススメ出来るように記事を書いておこう」と思ったにほかなりません。

1-2.序章

どんなゲームなのか調べてみると、「キラ☆ふわガールズラブゲーム制作会社アドベンチャーゲーム」というジャンルで、アドベンチャーゲーム自体を遊ぶのが初めてでしたが、「こういうジャンルも有るのか」と考えつつ、そこまで深く考えずに遊ぶ事にしました。

当アカウントの中の人は、先ほども述べたようにPS Vita版のメディアを発売当日に入手して遊び始めましたが、最初はどういうゲームなのか余り中身を理解しないままゲームをスタートさせましたので、冒頭でゲーム会社が舞台と分かった時点では、ゲーム制作に関する内容はゆるふわな内容に終始する気がして「ふ~ん」で終わったものの、進める内にもう面白くて仕方ない状態になりました。

なんかこう・・・デジャヴをものすごく感じるんですね。当アカウントの中の人の職業はクリエイターでも、アーティストでもなく、そもそも掠りもしない業界の筈なのですが、「ゲーム会社あるある」を詰め込んであるらしいシナリオは、面白くて仕方ありません。

ゲームを進めていくにつれ、シナリオの流れの良さ、シナリオとイラスト、BGMの相性、各キャラクターのキャラ立ちと呼べば良いのでしょうか、これらがカッチリと上手に組み合わさっている印象も次第に強くなりました。

1-3.共通シナリオについて

はじめは何とも思わずにストーリーを進めていきましたが、最初に会社入口で出くわした人物には笑いましたね。流石にあんな事が起きたら、誰でもパニックになって回れ右してしまったとしても、全く持って不思議ではありませんw

これよりも後の場面では、ゲーム業界あるある?なのか、「ゲーム会社には変な人がよくいる。本当に、よくいる」や、恐竜の巣などのワードが散りばめられていますが、当アカウントの中の人の職業でもある意味、通じる部分が有るので、おおっ??と思いました。*2

更に進めると、「大いなる闇」らしいデバッグのお話に入ります。
当アカウントの中の人は、デバッグという単語を聞いた事は有っても、意味を知りませんでした。しかしこのゲームで言葉の意味を理解したのと、言葉の意味を理解した瞬間に「うわっ・・・これたぶん、大変なヤツやんけ」と思った事を覚えています。机の上に即席カップめんと栄養ドリンク剤が転がる量が多いのも、この時期だったりするのですかね?

なんとかマスターアップを迎えますが、この辺りまで来ると笑いながらゲームをやってましたし、「あっあっこれはデジャヴ」と思いつつ、俄然、このゲームに興味が湧くようになっていました。*3

その後、登場キャラクター達で集まって飲み会になります。*4
この場面の中で印象に残っているのは、あいがほのかへ「なぜゲームを作るんですか?」という問いかけをした時に、ほのかが「ゲームが嫌いだから、かしらね」と答えていた事ですね。*5

共通シナリオの後半では、「攻撃的ペコペコ」のようなパワーワードが出てきたり、キャラクター同士のちょっとした小競り合いが有ったりと面白いのですが、あまり書き過ぎるのもゲームを遊ぶのに楽しみが無くなりますので、この辺は実際に遊んだ時のお楽しみとしますw

1-4.こころルートについて

どのルートでも存在感がハンパないディレクターこと、こころちゃん。

こころとさきは、何度もケンカしますね。こころが無理やり追加発注したところをさきが咎めた場面では、当アカウントの中の人はさきの言い分が分かりすぎて、もげそうな勢いで首を縦に振りそうになりました。いやだって、外注先との意思疎通をしっかり事前にやれば話は済む訳でしてね・・・?
それにしてもこころちゃん、キレたり泣いたり・・・百面相かな??(違います

こころがさきを責める一方、さきがこころを責める事も有ります。
というかさきちゃん、詰め方がKOEEEEEE!!
言い訳するこころを確実に追い詰めながら、締め上げていきます。ヤバい、寿命が縮む。

その一方で、駅前で開催されているお祭りで参加するという時に、さきは“プロ阿波おどり”がどうとかこうとか、言い出したりします。さきよ、自分のルートの時は祭りへ行く事を微妙に嫌がってたじゃねぇかよwそれが「遊ぶ時には遊ぶのがプロ」とまで言い出すんかいww*6

ストーリーがエンドへ近づくにつれ、こころとあいの関係性が変化しますが、関係性がジェットコースターの様に変化します。おまけに、こころはあいへ「頭のうちどころが悪かったら・・・」という、トンデモ発言まで。

そして終盤に発覚する、ある衝撃的な事実にはビビりました。まだクリアされていない方は、是非ともご自分の目でお確かめください。
なおハッピーエンはもちろんですが、バッドエンドも沼倉さんが発売記念イベントで仰っていた通り、幸せと言えば幸せな展開である事を確認済みです。

1-5.さきルートについて

ライターとして苦悩する場面と共に、さきとこころの接し方が強く印象に残ったルートでした。さきは他人に無関心なように見せかけて、実際には周りをよく観察しているのが特徴かなって思います。

こころルートとさきルートを遊ぶと、当アカウントの中の人はこのツイートを思い出さずにはいられません。

 

上記は「チェイサーゲーム」というマンガを読んだ、バンダイナムコエンターテインメント原田勝弘氏の感想です。こころとさきの間にある溝のような物の背景を明文化するとしたら、このような話も少しは影響しているでしょう。*7

「チェイサーゲーム」と「夢現Re:Master」ではプロデューサーとディレクターの違いは有りますが、色々と考えさせれるものが有ります。俯瞰的な視点で見た時に実現したい物が有るなら、それを実現する手法の方向性を、現場レベルで大まかに提示出来るか否か?落とし込めるのか?スケジュールがタイトなら、どこで先手を打てるのか?は、重要な資質となるのでしょう。

さて話が脱線してしまいましたが、ある時、さきは机の下で寝ている時に催してしまいます。催してしまう訳ですが・・・そこで金縛りになるのはアカーン!!wwwこれはもう、完全にエマージェンシーです。
さきの夢の中には各キャラクターが出てきますが、さきの喋りっぷりがヤバい状況を物語っていますね。おまけにリアルサバイバルというワードが出てきたり、「ぺろぺええええろぉぉーーっ!」に至っては発音が面白くて、ツボに入ってました。*8

これよりも後の場面で、あいが自分の業務用PCが壊れた際の混乱も有って、資料写真の期限を忘れていた事が判明しますが、当アカウントの中の人は「いや、こころもそれぐらいのストックは用意しておけよ・・・」と思わずツッコみますが、さきが省力化も考えてストックとして所持していたデータを持ち出します。流石はさき。

少し時間が経った後、葉亭からPDチームから余ったPCを譲ってもらいます。このストーリーの中でRAMメモリ*9の数値として、32GBやら8GBやらが出てきますね・・・*10

そうこうしている内に、こころの元へ連絡が有った事がキッカケとなり、さきと打ち合わせしたいと、あいの元へ来ます。こころは「おしゃべりして楽しそうなあなた達とちがって、あたしは仕事の話がしたいんですよ」とキレますが、ジョークの一つでも飛ばして笑いを取りながらやらないと、上手く行かないぞ~。さきみたいなタイプは上手に操縦しないと(w

他にも、きゃっきゃうふふを想像するシーンと期待したら大いなる闇だったり、逃げたり、パソコンをHDDごと壊す*11とか、物理攻撃だったりと、色んな場面がてんこ盛りで一番長く感じたシナリオでした。しかし長くても、どうにも続けたくなるのがこのシナリオです。ハッピーエンドは感動ものですが、バッドエンドは、当アカウントの中の人的には「!!?」となりました。

1-6.ななルート

ななはどんなストーリーなのかと思えば、地味に闇ですね。
キャラクターのみで、ストーリーに勝手な先入観を抱いては行けない事が分かります(自戒

ムードメーカー的な要素が有りましたし、途中までは、あいとこころの仲を取り持とうとプレゼントを渡す事を提案したり、渡す為の慰労会を開くも上手く行かなかったとか、フラッシュメモリ*12を探すが見つからないがユニークな目線で探して発見したり、オーディションでの出来事など明るい感じでしたから、そのままエンドまで比較的明るいストーリーで進むのかと思っていました。

が、途中から出てきた義母がクズっぷりを発揮して、途中から雲行きが怪しくなります。いやまぁ、実母も相当なアレですが・・・こんな環境に身を置いたら、そりゃ病んでしまうのも納得という物。

そして、先ほどよりも後に受けたオーディションの結果をキッカケとして、あいとななはすれ違うようになってしまいます。これがさらに状況を悪化させて、階段を転げ落ちるようにして絶望的な状況になってしまうなど、エンドに近づくほど結構キツいストーリーでした。

ななに関しては、共通ストーリーを含めて印象に残っているのは、ななが「(声優なのに)技量とは関係ないところで評価される」と喋る場面ですね。やはり、本来は評価されて欲しい技量的な部分と、世間一般が評価する部分が食い違う事が多い、という事なのでしょうか。

当アカウントの中の人は沼倉さんへ手紙を書く時、出来るだけ技量的な部分を軸に、その他の部分はプラスアルファとして書く様に心がけていますが、手紙の中身をどんな風に受け取ってもらえているのかは、大変気になるところです。*13

1-7.マリールート

最初は気付きませんでしたが、共通ルートのひったくり撃退シーンが初登場だと知った時は「マジか」とビックリしたのを覚えています。マリールートのシナリオは比較的、短めに感じました。

マリーは「面白いけど、一番常識を備えているイケメン」枠ですね。言動は一番ヤバそうな雰囲気が有るのに、よく考えると意見を冷静かつハッキリ言えたり、何かが起きた時の対処も落ち着いて対処するなど、大人でした。

共通ルートでは只の面白い軍人ですが、マリールートに入ってから母国の出来事も含めたキナ臭いシナリオになります。そりゃあ、日本語ペラペラで面白い外国人のフリでもしておいた方が優秀なスパイってもんです。

バッドエンドは予想できる範疇でしたが、ハッピーエンドに入っても一瞬「バッドエンドか!?」と思わせる物が有りました。が、落ち着いて進めればハッピーエンドへ進んでいると気付く瞬間が有ります。

バッドエンドは何となく予想は付きましたが、やはりそうなるか・・・と思いました。そりゃあ、そうなっちゃっても、おかしくはないよね。ハッピーエンドの展開に関しては、各キャラクターの中で、一番仲良くなっています。具体的には是非ともご自身でお確かめ下さい。

2.沼倉さんの演技で思うこと

さて、ここからは記事の冒頭でも記した通り、沼倉さんの演技に関して思っている事を書いていきます。
私個人が感じた事を包み隠さずストレートに書いていますので、気に入らない方はそっとブラウザバックする事をオススメします。

2-1.ゲームに吸い込まれた

特にさきルートやこころルートを遊び終えて感じたのは、シナリオの良さは当然として、ところどころ演技が光っている部分が有ったと思いました。

例えば共通シナリオの後半に差し掛かるくらいに、あいがこころに連れられてゲームの展示会へ行くストーリーが有りますが、その時にあいがVRを体験しているシーンで、横に居るこころのセリフを聞いていると画面に出ている絵は普通の立ち絵なのに、私の頭の中では眉間にシワを寄せつつ頭へ手をあてて「んもうっ・・・!」ってなっていそうな、こころの姿が浮かんできました。動画では無いのにそのような光景を想像させるのは、凄いと思いませんか?

2-2.ひとりのキャラクターで、別々の方向性を楽しめた

このゲームを遊んでみたところ、当アカウントの中の人自身は不思議な事を発見をしました。それは「好きと面白いは、別の感情」という事です。
当アカウントの中の人はこのゲームを遊ぶまで、「面白い」という感情はそのまま「好き」という感情に直結していると思っていましたが、このゲームでは面白いと思ったのはこころルートだったものの、好きなのはさきルートでした。

正確な原因は不明なものの、シナリオ以外の違いを考えた時、それぞれのルートでこころがどのような行動をしていたのかというと、こころルートだと甘い?面が見えましたが、さきルートは、クール(といって良いのか、分かりませんが)なキャラクターで通している印象が強かったので、これが強く影響しているのではないかと考えました。

共通ルートからそれぞれのルートへ進む際、こころに関して不自然さは特に感じなかった事も考慮すると、単純に別のキャラクターを演じるのならばいざ知らず、同一のキャラクターで途中から違う方向の演技をしてみせている(それも、共通ルートとの整合を取りながら)訳ですから、それを演じてみせた沼倉さんはやっぱり凄いという結論に落ち着きました。

2-3.はじめて背筋がゾクゾク

こんなタイトルだと誤解を生みそうですが、何かに目覚めた訳では無いので落ち着いて読んでください。

例えばさきルートで、あいやさき達が阿波踊り見物へ出掛けていてユリイカソフトへ戻った後、こころが皆で阿波踊りを見物に行けなかった事や進捗が遅れている事に対するイラつきから、さきと進捗会議の事で言い合いになり、あいがさきの代わりを提案したものの、こころはあいのことを役立たずと罵ってしまい、さきとこころの言い合いがスカレートして、最後はこころがさきへ手をあげてしまう、というシーンが有ります。

言い合いをやり始めた時は「あぁ、何時ものアレか」ぐらいでしたが、エスカレートするにつれて、ゲーム画面を見ながらアワアワし始めた自分が居ましたね。怒りのシーンとなればただ叫ぶ事を念頭に置きがちな気もしますが、画面の向こう側で起きている張りつめた出来事と呼べば良いのでしょうか、それが伝わる様なセリフだったと思います。

でも一番ゾクゾクしたのは、こころルートであいが髪の毛を短く切った後のある日、あいがばな子を連れて散歩へ出掛けてユリイカソフトへ戻ってきた時に、階段でばったり会ったこころがあいへ「頭の打ちどころ悪かったら、どうなるんだろうね」と言い放ったシーンですね。

初めて遊んだ時は、階段で出くわした姉妹にまたこんな所で会っちゃって・・・と感じましたが、それ以上にあのイラストを見ながらセリフを聞いていたら、鳥肌が立って背筋がめちゃくちゃゾクゾクしたのを鮮烈な記憶として覚えています。自分の中で今回の様な感情を感じたのは生まれて初めてでした。

2-4.私が伝えたいこと

ここまで長々書きましたが、私が言いたい事はただ一つ。
幅広い演技力をお求めの偉い人は、沼倉さんへお仕事を発注するしか無いのが、よくわかりましたよね???(ダイマ

*1:本来は作品の中身全体を見て、買う・買わないという判断をすべき所を、「沼倉さんが出演している」のがキッカケで買ったという事実は、あまり褒められたものではない、と考えている。

*2:当アカウントの中の人の職業では変な人はそんなに居ないが、太古の昔から“個性あふれる自由人”が居る。本当に、よくいる。そして時と場合により“社会性を持たない”と自嘲して語っていたりする。

*3:詳細は控えるが、デバッグやマスターアップ周辺の話は、当アカウントの中の人の職業でも、設計、施工側共に似たような状況は有るので、ゲームに嵌らない訳が無かった。

*4:こころが登場したシーンでは、あまりの冷たさに「いや冷たくない!!?何したの!?名前が『こころ』なのに、心がこもってないよ!?!?」とツッコんでしまった。

*5:このやり取りを見た時、商業ゲームの制作に携わっているらしい某氏がしていた「遊ぶ為のゲームじゃなくて、物語が作りたい」という主旨の発言を思い出した。

*6:なお当アカウントの中の人の職業では「遊びの段取りが悪いヤツは、仕事の段取りも悪い」という、いにしえからの言い伝えがある。

*7:夢現Re:Master」におけるさきとこころの間に有る話と「チェイサーゲーム」の原田勝弘氏の感想は、当アカウントの中の人の職業でも発生していて、大変重要な課題として認識しているので、大いに同意するところである。

*8:プレーヤーが笑っているであろう最中、ほのか達の辛辣なコメントで追い打ちをかけに来るのはズルい(w

*9:RAMとは「ランダムアクセスメモリ」の略で、省略時の表記は本来「RAM」で止めるのが正しいが、分かりやすくするため敢えて「RAMメモリ」としている。このメモリは揮発性メモリのひとつで、データを頻繁に書き換え可能だが、電源が切れると(レジューム用バッテリーなどの補助電源が無ければ)内容が消える。

*10:当アカウントの中の人、世代は全く違って20年以上ズレてる筈なのに「DOS上のコンベンショナルメモリである640kB(高解像度映像モード、いわゆるハイレゾモードでは768kB)を如何にして使いこなすか?」やEMS、61SIMMの14.6MBの壁に漢メモリというワードが飛び交う世界を知っているので、8GBと聞くと「HDDコントローラーの8Gの壁(INT13)かな?」などと、ボケずにはいられない。

*11:どうでも良い話だが、かつては「STOPキーを連打せずに電源を落とせば、ST-506互換のSASI(SATAではない)なHDDが一発故障」という時代も有った。詳細はPC-9800シリーズを知る人に聞いてみよう。

*12:フラッシュメモリとは、舛岡富士雄氏が株式会社東芝在籍時に開発した不揮発性メモリのひとつで、データを書き換え可能かつ、電源が切れても中身のデータが残っているという特徴が有る。ただし、書換回数や保持期間の限界は有る。スマートフォンやパソコンの補助記憶装置、つまりストレージは、今ではフラッシュメモリが使われている事が多い。

*13:当アカウントの中の人が出した手紙に関しては、「必ず届いている」という発想が根本的に誤り、という説も有る。とは言え、全く読みもせず「全自動でシュレッダーIN」されてるのだとしたら、流石に泣いてしまう。