NU WORLD INFO ~沼倉愛美さん非公式情報blog~

声優の沼倉愛美さんに関する、お仕事情報を整理する為の非公式情報blogです。

【レポート】「竹達・沼倉の初ラジ!」公開イベント

2019年9月23日に、「竹達・沼倉の初ラジ!」の公開イベント『初ラジEXPO』が開催され、沼倉さんが出演されました。

会場は東京の科学技術館サイエンスホールで、公演は昼公演と夜公演の二回行われ、事前に応募した中から抽選で当選もしくは、当日券を購入した人が参加できました。

ご本人様からも公式blogやツイッターで、イベントについて言及がありました。

lineblog.me

twitter.com

時間が経ってしまいました*1が、以下に掲載するのは公演のレポートです。
当アカウントは昼公演と夜公演の両方に参加しましたので、昼公演と夜公演を順番に記載します。ちなみに、当アカウントは初ラジを聴く様になってまだ1年ちょっと位のニワカなリスナーです。

 

1.昼公演

当アカウントは諸事情により、現地で当日券を購入しての参加でした。

1-1.入場時

入場時に受付の方からチケットと共に、何かを書かれたA4サイズのコピー用紙を渡されます。一瞬なんなのか分からず固まってしまいましたが、よく見るとそこには初ラジの歴史を記した一覧が書かれていました。昼公演では、放送間隔が隔週、放送時間が一時間の時代の歴史が書かれていました。なお、他にも風船を渡されましたが、これはイベント最後に意味が判明します。

一覧を纏めたスタッフさん、大変だったのではないでしょうか。
しかしベテランなリスナーが懐かしさを感じるのはもちろん、私のようなニワカなリスナーの場合は歴史を深くは知らなかったので、地味に貴重な資料です。

1-2.本編の冒頭

公演は、無駄に気合の入ったナレーション付きの映像でスタートします。
最初は至ってマジメな語り口で始まったものの、「初々しい二人のラジオになる・・・筈だった」で笑いをとっていました。そりゃあ・・・ねぇ?w

映像が終わってからパーソナリティのお二人が登場。

竹達さん「うぃうぃ~!ちゃんと来てくれてる!」
沼倉さん「そうね~・・・自己紹介したら?」
竹達さん「役名言おうとしちゃった、役名なんだっけ?と考えちゃった」

という、いつも通り(?)のゆるい感じでスタート。

映像のナレーションはスタッフの須田さんがやっていたらしく、「文化放送だからアナウンサーなのかと思ったら・・・うちの専属シェフがナレやってくれたんですが」という沼倉さんのコメントに続けて、「良い声でめっちゃ腹立つ!w」というコメントを付ける竹達さん。こんな流れで会話してても許されるのが、初ラジですね!w

この後、沼倉さんが「EXPOなのでセレモニーを」と発言したら、豪華なBGMの中、土鍋が登場。客席の「なぜ土鍋?」という雰囲気の中、土鍋を載せたIHコンロのスイッチを投入するお二人。

1-3.番組の振り返り

この後、入場時に配られていた物と同じコピー用紙を使ってお二人が番組の振り返りをします。印象に残っているのは・・・

竹達さん「ぬーさんが凄い早い段階から『免許取りたい』って言ってる」
沼倉さん「10年ものだった、実際に目標にしたのは7年くらい」

や、

沼倉さん「『イエスタデイ・ミー・グランドマザー・ブーンガタンゴトン』が、飛行機と分かる!w」
竹達さん「でしょ!(ドヤ顔」

などですね。もう本当に、フリーダムw

この後は登場したスタッフ陣と共に、過去に出した映像ディスクのダイジェストを流して振り返ります。
今回のイベントの物販では、番組初期に出したDVDも販売していましたが、大半の人は眠っていた在庫を持ってきたとばかり思っていたのではないでしょうか。しかし、衝撃の事実が判明。初期に出したDVD、何と今回の為にわざわざ再生産したというでは有りませんか。

そりゃあ、沼倉さんも「地獄だよ」と言いたくなりますし、竹達さんも「買わなくて良いからね」と言いたくなるものです。ちなみに販売しているウェブサイトは以下になります。よい子のみんなは必ず買いましょう!

aandg.shop-pro.jp

現在は絶版となっているようですが、番組で沖縄へ行った際のBlu-rayDiscのダイジェストも流していました。

このBlu-rayDiscの撮影に参加したスタッフさん達、普段は映画を撮影している方々だと構成作家の松本さんが仰っていましたが、沼倉さん曰く、このBlu-rayDiscの撮影から数年後、撮影スタッフの中に偶然にも自分のソロアーティスト活動の撮影に参加した方が居たらしい事を仰っていました。

ちなみに竹達さん、このダイジェストを流している最中は余程恥ずかしかったのか、ステージ上でしゃがみ込んでいましたねw

1-4.懐かしい小道具

ここで、放送時間が一時間だった時代の懐かしい小道具が登場します。その名も「くんかボタン」。
竹達さん曰く、昔のボタンはもうないので復刻版を新たに作ったようです。竹達さんも沼倉さんもボタンを連打していましたが、妙にうるさかったですね・・・

お二人が好きな匂いの話題では、洗濯物(竹達さん)と柔軟剤(沼倉さん)とお答えになられていました。ここでせっかくの「くんかボタン」を活用しなくては、という事で、沼倉さんが好きな柔軟剤で仕上げたタオルがステージ上にご用意され、竹達さんと沼倉さんはタオルの匂いを嗅ぎながら「くんかボタン」を好きなだけ連打します。
ちなみに、お二人が本当に好きな匂いは目を擦った後の匂い(竹達さん)、ねこの吐息(沼倉さん)だそうです。ウソをつかずに正直なのは良い事です!w

もうこの時点で面白いので、この話題はそのまま流れていくのかと思ったのですが、そこは初ラジ。「二人にただ答えて貰っても、リスナーは匂いがよく分からないのでは???」と機転をきかせたデキるスタッフ陣がやってくれました。沼倉さんが好きな柔軟剤で仕上げたタオルをご用意した上で、会場内の通路をタオルと団扇を手にした松本さんと須田さんと思わしき二人が扇いで回るという、慈愛に満ちた行動に出たのです。おかげで、会場内は良い香りと爆笑に包まれます。

なお沼倉さんがお好きな柔軟剤は、ランドリンのクラシックフローラルというもののようで、沼倉さん曰く「洗濯機で乾かしたら直ぐに出して嗅ぎたい、だから出掛けられない」や、「(商品アンケート書く時は)備考欄に私の名前を書いてください。『沼倉愛美さんが~』ってw」と仰っていました。

という訳で、みんな!!商品アンケートで『声優でありソロアーティストでもある、沼倉愛美さんにオススメされて~』とせっせと書いて、最低でも「沼倉さんによるCMナレーション」を勝ち取ろう!なんなら、ソロアーティストとして作詞した楽曲もBGMで使ってもらおうな!!新婚さんとくれば、商品イメージにもピッタリだ!!!(?)

www.laundrin.jp

1-5.お食事

この後、コラボカフェが決定した事、詳細は後日発表だと告知され、メニューには竹達定食と沼倉定食がある事がサラッと発表されました。

twitter.com

告知後、ちょうど良いタイミングでゴハンが炊きあがったので、竹達さんと沼倉さんが食べる事に。

ゴハンを二人で食べますが、黙々と食べます。松本さん達がマイクを向けても、寄せ付けないオーラを出しながら黙々と食べます。とにかく黙々と食べます。最後は松本さんの「感想聞きたぁい!!」発言で、美しい様式美による芸術の完成です。
そしてゴハンについても、決して手抜きしない志の高いスタッフ陣により、うちわでゴハンが入った茶碗を団扇で扇ぎながら会場内を回ります。

食事前後の会話については、この他にも「アイス・氷菓はお腹の中に入ったら溶けるから、0キロカロリー!」や「昨日もスーパーカップの小さいヤツを二つ食べた」など、楽しい会話が繰り広げられました。
なお夜公演の時に竹達さんがチラッと仰っていましたが、お昼を食べずに抜いていたようです。

1-6.終わり

食事の後、ポエムを読み上げます(昼公演ではスタッフ陣と竹達さんが、夜公演ではスタッフ陣と沼倉さんが読み上げました)。
スタッフ陣は微妙に大げさな内容だった気がしましたが、竹達さんは至ってマジメな内容でした。

最後の挨拶では、ズボンを履く時のクセで、がに股になる(竹達さん)、かつてはジャンプしてた、最近はあまりしないけど、時々・・・(沼倉さん)のような会話を繰り広げつつ、初ラジオリジナルのおっぱい風船を「3、2、1、おっぱい!」の掛け声と共に、会場のみんなで飛ばしたのでした。

2.夜公演

チケットは昼公演と同じく、現地で当日券を購入しての参加でした。
イベント自体の流れは、昼公演とほぼ同じです。

2-1.入場時

昼公演では受付時に、放送間隔が隔週、放送時間が一時間の時代の歴史が書かれたA4サイズのコピー用紙を渡されましたが、夜公演では放送間隔が毎週、放送時間が三十分になってからの歴史が一覧が書かれたA4サイズのコピー用紙を渡されました。

最初、昼公演と同じなのかと思っていたら、夜公演は別仕様では有りませんか。
よくここまで書いたなぁ~、などと感心するような気持ちになりました。

なお開演前に松本さんから風船を膨らませ過ぎないで、という注意が有りましたが、松本さんの好みを聞かされた気がするのは気のせいではありませんw

2-2.本編の冒頭

公演は、昼公演と同じ映像で始まりました。映像が終わってからパーソナリティのお二人が登場。

竹達さん「竹達で~す」
沼倉さん「まったりしてるけど、昼寝でもしてた?w」
竹達さん「UNOとかしてたから、スイッチオフになっちゃったかも。テンションあげてかないと!」

という流れの通り、公演の間の休憩中にみんなでUNOをやられていたようです。

twitter.com

この後のセレモニーの流れは、昼公演と同じです。

2-3.番組の振り返り

昼公演と同じく、入場時に配られていた物と同じコピー用紙を使ってお二人が番組の振り返りをします。ただし、昼公演では放送時間が一時間の時代を振り返りましたが、夜公演では放送時間が三十分になってからの時代を振り返りました。印象に残っているのは・・・

沼倉さんソチオリンピックのソチって何?と聞かれたり」
竹達さん「ぬーさんも『ほっぺ美味しい』とか言ってた」

や、

沼倉さん「あやのトークには、よくドングリの話が出る」
竹達さん「机に専用スペースが有った、友達に『どんぐりな~い?』と聞かれたり、ドングリ商人をやってた」
沼倉さん「聞く友達も分からない」

さらに、

竹達さん「『狭量な人をケツの穴が小さい』なら、ぬーさんはお尻の穴が大きい」
沼倉さん「私もそのエピソードはチェックしてたww」

などと、本当にフリーダムな会話が展開されていきます。けど、このフリーダムさが良いんですよ(力説

そのほか、かつて放送されていた「お兄ちゃんのばか」というコーナーの話題へ移ります。

私が聴き始めた頃には既に放送されていなかったと記憶していますので、コーナー名だけ聞いても中身がよく分かりませんでしたが、竹達さんと沼倉さんはコーナーの企画内容にに対してガチで引いてたらしく、実際に居る身としては、ホントにドン引き(竹達さん)、スタッフもリスナーもコーナーが好きで、その温度差に耐え切れなくなって終了!って感じだった(沼倉さん)という主旨の事を仰っていました。

そりゃあ、例えば沼倉さんがダントツでアウトだと仰っていた「風呂の残り湯を飲む」とかは、流石にドン引きですね・・・

この後は登場したスタッフ陣と共に、過去に出した映像ディスクのダイジェストを流して振り返り・・・と思いきや、登場したスタッフ陣になってからはディスクを一枚しか出していないので、映像付の放送を振り返って行きます。振り返った動画の中には、竹達さんと沼倉さんが浴衣姿の動画も有りましたが、沼倉さん曰く浴衣は私物だったそうです。

このほか、

沼倉さん「『乳バンド』の話題がwちちの・・・お父さんねwそこの実家で乳バンドって言ってて、そこから言ってる」
松本さん「ご自宅で一人でいる時は、そもそも乳バンドと言わなくて良いのでは」
沼倉さん「・・・!(無言のまま「そうか、その手が有った!」と、表情で表現)」

という、乳バンド*2に関するアツいけど訳のわからない会話がなされたり、「クライマーズ・ハイ」を間違える竹達さんと、それに対してツッコミを入れる沼倉さんという、良いんだか悪いんだか良く変わらないトークが展開していきます。

2-4.懐かしい小道具

昼公演と同じく、懐かしい小道具が夜公演にも登場します。

何が登場するのかと思えば、出てきたのは伝説の初ラジ電車を模した初ラジリニアでした。初代の初ラジ電車は放送100回記念か何かでリスナーへプレゼントしていましたので、そこそこ想定内の流れでしたが、ここで誰も事前には予想出来なかったミラクルが起きます。何と、初代初ラジ電車に当選した当人が現物を持ち込んでいたのです。
これには、竹達さんと沼倉さんもビックリ。ベテランの初ラジリスナー、頭おかしい(褒め言葉

このあと、初ラジリニアはステージをくるっと回るのかと思えば、ステージから客席の通路まで降りて会場内を一回りします。
「誰も手を出さないから、会場を回るのを止められない」とは、沼倉さんのコメントです。

2-5.メールコーナー

確か懐かしい小道具コーナーの後に、リスナーからのメールを読むコーナーが有ったと思います。

映像付の放送で築地へ行く放送回が有ったようですが、その時に勇敢にも初ラジ名物・おっぱいポエムを読んでいたらしく、通行人からメチャクチャ見られていたらしい事を仰っていました。そりゃ一般の通行人からしてみれば、おっぱいポエムが聞こえてきたら二度見したくなるわ!w

給湯器リモコンの音声案内に反応してリモコンへ話しかける*3沼倉さんの話題も有りましたが、車のナビにも話したり、返事したりするそうです。そして音声案内で「ルート変更しました」と言われると、責められてる気がしてくるとの事ですが、流石に気にし過ぎではwと思ったのでした。

竹達さんと沼倉さんは、カーナビと会話出来たら良いよね!とか、AI搭載で出来るようになりそう、と仰っていましたが、既に経路検索や観光スポット情報の案内、天気予報が出来るレベルの高級車向けカーナビが、デンソーテン(旧・富士通テン*4)などの会社から販売されていたり、カーナビの音声認識技術の分野でクラリオン*5が有名だったりしますね。

このほか運動会をやろうという提案に対して、綱引きで一番後ろで引っ張らせてもらう(竹達さん)や、終わった後に体重が減ったかもポイントにする(沼倉さん)、というコメントが有りました。

2-6.お食事

この後、昼公演と同じようにコラボカフェが決定した事、詳細は後日発表だと告知されました。メニューは竹達定食と沼倉定食を発表するのかと思ったら、そこはやはり初ラジ。期待は裏切りません。しっかりとスタッフ定食もある事が発表されました。

昼公演と同じく、告知後にちょうど良いタイミングでゴハンが炊きあがったので、竹達さんと沼倉さんはゴハンを食べました。ゴハンを二人で食べますが、黙々と食べます。松本さんは昼公演で良い具合にスルーされた経験を生かし、「ちょっとお待ちください」という案内を出す事で、会場は笑いに包まれます。

竹達さんも沼倉さんもモグモグ食べていましたが、竹達さんの「今回はガッツリ食べる、昼は軽めにしか食べなかった」というコメントに対し、沼倉さんは「いや、あれで?」と返していました。なお、夜公演も昼公演と同じ「うちわ作戦」が発動していました。

2-7.終わり

食事の後、ポエムを読み上げます(昼公演ではスタッフ陣と竹達さんが、夜公演ではスタッフ陣と沼倉さんが読み上げました)。
スタッフ陣は昼公演と比べ更に大げさな内容だった気がしましたが、沼倉さんのポエムは最初は良い感じというかマジメな雰囲気だったものの、途中の「変態」辺りから様子が怪しくなりました。しかし、ちゃんと最後まで聴いて、そしてblogも読めば、ユーモアのある愛情表現でしたよね。

そして最後は昼公演と同じく、初ラジオリジナルのおっぱい風船を「3、2、1、おっぱい!」の掛け声と共に、会場のみんなで飛ばしたのでした。

3.まとめ

10年という長い期間を放送している初ラジですが、その放送期間の長さ故、新規に聴き始める事やイベントへ参加する事に抵抗感というか、やたらと中身が濃そうというか、内輪のネタが・・・と思う人が居るかもしれません。

しかし、私のようなニワカなリスナーですら「生暖かい」と呼ぶ事も有るくらいの空気感で、ノンビリ聴いて、イベントに参加出来るのが初ラジです。ですから、心配せずに聴いてみて、イベントへ参加してみては如何でしょうか。

4.私が伝えたいこと

ここまで長々書きましたが、私が言いたい事はただ一つ。
この記事を読んだ偉い人ならば、沼倉さんへ新たなラジオのパーソナリティをやらないか?とか、CMのナレーションやらないか?と言いつつ、随契で発注する話を持って行ってくれますよね??(ストレート

*1:当アカウントの中の人が11月2日開催のマイコン・インフィニット☆PRO-68Kのサークル参加の準備を優先していた為、記事の作成を中断していた。

*2:乳バンドという言葉は、日本国内だけではなく日本国外でも通じる場合がある。これは歴史的経緯によるもので、太平洋はミクロネシア地域に浮かぶ島々からなるパラオ共和国では、第一次大戦終戦後に国際連盟委任統治により日本が受任国として第二次大戦の終戦時まで統治したが、この時期に日本語とパラオ語の言語接触が有った影響で、日本語のままで通じるのだという。この辺りは「パラオ語における日本語借用語の変化」などが詳しい。

*3:給湯器リモコンの音声案内(お風呂がわきました、など)に対して「ありがと~」などと話しかける事が有る、という話は、THE IDOLM@STER STATION!!!の2018年8月29日(第204回)放送回の有料会員おまけ放送が初出だと思われるが、翌週の本放送(第205回)で給湯器リモコンのネタに乗っかるような形で当アカウントの中の人が送ったメールが採用されたのは、今となっては良い思い出である。

*4:富士通テンと言えば「CAR MARTY」が思い出される。「CAR MARTY」とは1994年に発売されたカーナビで、富士通が当時展開していた「FM TOWNS」シリーズというパソコンの簡易版と言える「FM TOWNS MARTY」なるマルチメディアCD-ROMプレーヤ(と言いつつ、実際にはパソコン)の車載版にあたる。「CAR MARTY」はハードウェア的な特徴もさる事ながら、ソフトウェア面でも一方通行に対応したルート検索を行えるなど、当時としては画期的だったようである。

*5:クラリオンは日立の連結子会社だった事が有るが、日立と言えば「ゲーム&カーナビ ハイサターン」が思い出される。「ゲーム&カーナビ ハイサターン」とは日立より1995年に発売されたカーナビ機能付きのポータブルマルチメディアプレーヤーで、セガゲームス(当時のセガ・エンタープライゼス)が発売していた「セガサターン」と互換性が有る。